ダイビングのライセンス取得

旅行の予約をする 自宅旅行社

沖縄に到着したその日にダイビングのライセンスを取る方法

2021年9月12日

沖縄に到着したその日にダイビングのライセンスを取る方法

 

旅行業に携わりはや10数年。延べ9,800名の旅行を企画した

私、おはげと申します。

面倒な部分はわたくしどもにお任せいただき、皆様はカバンを持って現地に出向くだけ♪をモットーにお仕事してます!

イケ男
ダイビングのライセンスを取りたいんだけど安くて早く取れる方法を教えて!

という、時間の制約がある方やライセンスにかかる料金を安く済ませたいという方向けに、沖縄に到着したその日から免許を取る方法をお教えします!

これを読むと何が分かる?

  • ダイビングのライセンスを取った場合と取らなかった場合の違いが分かります
  • ダイビングのライセンスを最短で取る方法が分かります
  • ダイビングのライセンス取得にかかる費用や持ち物、沖縄のおすすめのショップが分かります
  • ダイビングの魅力がわかります

これからダイビングのライセンスを取られる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ダイビングの魅力はどこにあるのか?ダイビングのライセンスを取る理由とは?

ダイビングの魅力

通常、私たちは当たり前のように地上で暮らしていますが、地上で暮らしていると『静寂のなか』にいることって意外に少なくないですか? 静かだと思っているときも、虫の声、風の音、車が走る音、飛行機が飛んでいく音、鉛筆で字を書く音など、静寂の中にも様々な音が存在すると思います。

それが、海の中に入ったら、どうでしょう?  

 

  しーーーーーーーーん    

 

自分から出る音以外は静寂なんですよね。 聞こえるのは自分が呼吸をする音のみ。 この静寂の中、目にすることができるのが

  • 普段は眼下に見えるキラキラとした海面
  • 素早く泳ぐきれいな魚たち
  • ゆったーりと泳ぐウミガメたち
  • 吐いた息からでるきれいな丸い泡
  • 色とりどりのサンゴ礁
ダイビング

筆者撮影:優雅に泳ぐウミガメ

見た事のないほど美しい世界が広がります。

何年も何百年も何千年もの時代を経ながらも、海の中はこんなに美しくあったのかと思うと神秘さを感じずにはいられません。

聞こえる音『自分の呼吸』を止めてしまえばすぐに自分はいなくなってしまい、死と隣り合わせの自分の小ささと自然の偉大さを改めて感じることができます。

『自分の呼吸』を止めると死んでしまうのは地上でも同じことなのに、海の中ではそれがより一層近く感じ、生かさせてもらっている事への感謝を強く感じることができます。

また、無重力や海面を見上げることの非日常体験も魅力のうちの一つです。

普段、ふわふわと上にも下にも右にも左にも移動ができることなんてないですよね?

そんな無重力の体験や、海面を見上げる不思議な体験は実際にやってみた人じゃなきゃ味わえない楽しさががあります!

ダイビング

筆者撮影

ライセンス未取得の体験ダイビングとライセンス取得後のファンダイビングの違い

ぷく男
ダイビングをするのにライセンスがなきゃできないの?わたし、前にライセンスがなくてもダイビングした記憶があるけど・・・

こんな方もお見えではありませんか?

そうです。

ダイビングはライセンスがなくてもできてしまうんです。

それが、体験ダイビングというものです。

ダイビングショップに申し込みをし、簡単な説明を受けて、そのまま海に潜ります。

ここで大きな違いが出てきます。

ライセンス取得者のファンダイビングの場合、ライセンスを持っているので自由に泳ぐことができます。

とは言ってもダイビングショップで申し込んだ場合、先生の後をついて泳ぎ、海底の地形に沿って泳いだりウミガメが多くいるスポットに連れて行ってもらったりします。

体験ダイビングだとどうでしょう?

先生の後をついて泳ぐのではなく、先生が上から体験ダイバーのタンクを持ち、自由に動けないように泳がされます。

楽でいいわ~と思う方もいると思いますが、自由に泳げないのと泳げるのとでは雲泥の差があります。 また、泳げる深さも違いますよ。

体験ダイビングでは比較的浅いところ(5~6mくらい)を泳ぐことが多いです。

最大水深は体験ダイビングの方は12mライセンス取得者(オープンウォーター)は18m上位ライセンス取得者(アドバンスドオープンウォーター)は30mとだんだん深くなっていきます。

深ければ深いほど神秘な体験度合いは増していき、普段見えない想像もつかない世界が待ち受けていますよ。

なぜ沖縄でのダイビングライセンス取得をお勧めするのか?

ダイビング

筆者撮影

単純に海が綺麗だから!です。

濁っていると数メートル先でも見えなく、魚もあまり見えません。

そしてそもそも魚があまりいませんから、だれが考えてもきれいな海で潜りたいと思いますよね。

また、それ以外の理由を挙げるならば、ダイビングショップの数が日本一多い沖縄は航空機代を入れても比較的安くライセンスを取得することができます。

海がきれい、安いとこの2点さえあれば沖縄での取得以外は考えられないのではないでしょうか?

1人でも参加可能 お勧めのダイビングショップと料金・おすすめのポイント 持ち物は?

オーシャンリンクス 那覇市松山1丁目30-3

こちらは那覇市内にあるダイビングショップで私の一押しのダイビングショップさんです!

何がおすすめかというと、圧倒的に料金が安い

オープンウォーターの場合、講習費・教材代・タンク代・ライセンス申請料・事務手数料・機材レンタル代・送迎代・教材送料ぜーーんぶこみで21,800円です。

はっきり言ってめちゃやすです。

地域によっても違いますが、通常は40,000円~90,000円が相場です。

なぜこうも安いのか?

気軽にダイビングを楽しんでもらいたいという店長さんの想いから徹底的にコストを削減し、安くライセンスを取得してもらっているようです。

料金以外にも、この店長さんをはじめとしてスタッフさんが楽しい!優しい!

私、以前沖縄の違うダイビングショップのスタッフさんが講習しているのを見たことがあるんです・・・。

メチャコワカッタ・・・( ;∀;)

いやいや、激怒ですやん!!ってほど、怒ってた・・・。

それに比べてこちらのショップは和気あいあいとした雰囲気で、且つ丁寧に安全に配慮しながら教えてくれます。

ダイバーさんってイケイケなイメージがあってちょっと怖いかも・・・と思っていらっしゃる方は、ほんとーにお勧めしますので、ぜひこちらで申し込んで下さい。

ただ、危険を察知した時には店長さんの目の色が変わり緊急対応することもあります。

これまた安心できるポイントでもありますね。

持ち物は水着・着替え・タオル・サンダル・3×4の顔写真・筆記用具のみ。

後はなーんにもいりませんよ。

ライセンス スケジュールについて

このスケジュールもお勧めのポイントのうちの一つなのです。

なんと、驚くことなかれ!最短1.5日でライセンス取得が可能なのです!!

どんなスケジュールかというと・・・

【1日目】

10:00 那覇空港到着、ぽーたまを食べて講習場所へ(おきでん)

12:00 海洋実習開始

15:00 海洋実習終了

【2日目】

9:00 学科講習・試験

12:00 昼食休憩

13:00 海洋実習開始

15:30 海洋実習終了

 

たったこれだけです。

私の場合、講習が全て一人だったという事もあり、早めに終わったようですが、そうでなくても+αくらいの時間で取れちゃいます!

そして上記でもわかるように、こちらのショップでは海での実習となります。

プールでの実習が多い中で、海での実習ができるのはより実践的だと思います。

お店の方に相談をすれば別途船代はかかりますが、慶良間での海洋実習などとーーーってもきれいなポイントでの実習も可能ですので、こちらもお勧めです。

バツまる
私は慶良間での海洋実習でとりましたよ~

正直、この講習は楽しいとは言えませんが、ライセンス取得後のファンダイビングがとっても面白く、取る価値200%あると私は思います。

ダイビング

講習を受ける筆者

 

もしダイビングのライセンス取得ができなければ・・・

ライセンス取得は全員が必ずしも合格するとは限りません。

取得できない人の多くは、

  • 水の中でパニックになってしまう
  • 耳抜きがうまくできず、頭が痛くなる
  • マスククリアができない(海の中でゴーグルを外し、再度装着する→ゴーグルの上の方をおさえながら鼻息を強く出す→ゴーグル内の水が抜けていく)

この3点が理由でとれないのかなぁと思います。

トラウマになって潜りたいのに潜れない!という方もいらっしゃると思いますが、そんな方でも体験ダイビングならできます。

顔全体を覆うフルフェイスというゴーグル?を使えば耳抜きもしなくてもよく、普段生活しているようにダイビングが楽しめるので、ぜひショップに相談してみてください。

まとめ:ダイビングのライセンスは気軽に取得できる!

ダイビングは人生の価値観を変えるとよく言いますが、なぜそう言われるのかというと、見た事のない景色が目の前に広がる・死と隣り合わせとなる事により、より一層命の大切さを感じることにあると思います。

そんな体験が21,800円で1.5日講習を受けるだけで体験できちゃいます。

これは自分に投資するという面からみてもお得です。

私たち夫婦は、3年前に私が初めに取得し、昨年バツまるにも無理やり取得させました(笑)

今は小さなべびちゃんがいるのでいけませんが、これから、旅行へ行った際二人でダイビングが楽しめるかと思うと今からワクワクします。

一生に一度しかない人生、一度経験をしてみてから判断してみてくださいね。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

バツまるとおはげ

【バツイチ夫(呼称:バツまる)】
旅行業界に勤めて20年以上▶通算渡航回数は150回以上▶学生時代の留学経験を経て旅行業界に就職▶
趣味:映画鑑賞・ドライブ・旅行・妻を喜ばせること

「ブログを始めて半年以上経ちました。一人でも多くの方の目にとまれば幸いです。でも、自分の書きたい記事だけ書いている割には、当初予想より読んで頂いています。本当にありがとうございます。」

【激しめ妻(呼称:おはげ)】
旅行会社に勤めて10年以上▶団体旅行の営業をしており、延べ9,800名の旅行を企画▶現在は育休中ママブロガー(*^^)v
趣味:絵画鑑賞・映画鑑賞・ダイビング・旅行

「毎日勉強で今までいろいろ挑戦してきました。これからもチャレンジ精神を保って、興味の対象をメインに紹介していきたいです。コメントが励みになりますので、ぜひご意見をお聞かせください。」

-旅行の予約をする, 自宅旅行社
-,