旅行中のトラブル 自宅旅行社

パスポートがなぜ大切なのか、また、どうゆうところに気を付けないといけないのか?

2021年7月2日

おはげ

旅行業に携わりはや10数年。延べ9,800名の旅行を企画した

私、おはげと申します。

面倒な部分はわたくしどもにお任せいただき、皆様はカバンを持って現地に出向くだけ♪をモットーにお仕事させていただいております。

よろしくお願い致します。

今回はパスポートがなぜ大切か、また、どのようなことに注意しなければいけないのかについて書きたいと思います。

 

パスポートとは

パスポートとは世界で通用する身分証明書です!!

世界のほとんどの国が、外国人の入国・滞在を許可する条件の一つとして、パスポートの携帯及び呈示を求めています。また、普通は、自国民の出国・帰国の際にもパスポートの携帯及び呈示を義務付けています。つまり、パスポートを持っていなければ、世界のどの国にも入国できないばかりではなく、そもそも日本から出国することさえできません。更に、パスポートは、外国滞在中に事件に巻き込まれた場合など、必要に応じていつでもどこでも呈示を求められることがあるものです。言葉の異なる海外にあって、自分が何者であるか(国籍、氏名、年齢など)を具体的に証明できるほぼ唯一の手段と言うことができます。

引用元:外務省ホームページ

パスポートがあれば海外に行ける~♪と考えていらっしゃる方が多いと思いますが、もちろんその考えは正解です。ですが、そもそもパスポートがなければ日本を出国することができないのです。

海外滞在中に身分証明書を見せなさい!と言われ、日本の免許書を見せても何の効力も発揮しません。

そうです。パスポートは何かあった時の身分証明書にもなり得るのです。

狙われています。あなたのパスポート!

お客様を連れて海外へ行くとき、私はよく、命の次に大切なものはお金ではなくパスポートですよ!!と話してきました。

また、日本のパスポートを持っていれば、今はコロナで気軽に海外旅行がいけなくなってしまいましたが、その前はどこへでも行くことができていました。

狙われています。あなたのパスポート!

海外に行くときに旅行会社からこのような紙をもらったことありませんか?(もらってないよ~という方はたぶん捨てちゃってたんだとおもいます)

まさに、狙われているのです。

海外でも、日本にいるときのような行動はしていませんか?

カバンで場所取り、トイレ行くときだけスマホをテーブルに置いたまんま、お会計の時カバンの奥にある財布をだそうと、スマホやパスポートをレジの前に全部出したりしていませんか?

出国する前から要注意です

海外に行ったら気を付けるよ!ここはまだ日本だから大丈夫!!

そう思っていらっしゃる方!!!注意が必要です。

前回もちらっと記載しましたが、パスポートの名前で海外航空券を予約するので、そのつづりが間違っていたら、出国当日、空港で修正ができません。間違っていると出国できないのです。

そんな間違えることなんかある?とお思いでしょうが、旅行会社も手作業でパスポートに記載のローマ綴りを入れています。もちろん、ダブルチェック・トリプルチェックを数名で行っています。でも、人間です。間違ってしまう事はごくまれにあります。

ありがちなパターンとして、例えば、「たなかしゅうじ」さんというお名前の場合、

パスポートの申請が「TANAKA SHUUJI」の時と「TANAKA SHUJI」の時がありどちらでも申請可能なので間違いが生じてしまうと、いったものです。

自分の名前は間違いやすいかも?!という方は、旅行会社からチケットをもらった時にきちんと確認しましょう。

 

バツまる
でもさ、おはげちゃん、出国できないのは人のミスだけではないケースもあるよね?あのことも話しておいた方がいいんじゃない?

わかってるってばーーーー!!

次の項で話そうと思ってたの!!!!

おはげ

 

おはげのパスポート事件

わたしがなぜ、こんなにもパスポートのことをいうかというと、、、そうです・・・。過去にやらかしたことがあるのです・・・。

入社して8年目の冬、私の会社は、営業で団体旅行を契約すると、営業マンもその旅行についていく事がよくあり、その年は営業成績が良く、2週間に一度は海外に行っていました。

忙しいシーズンが終わる最後のツアーの時です。

気合がかなり入っていました。

 

おはげ
さぁ、今シーズン最後の大人数でのツアーだ!!今日から頑張るぞ!!!

 

お客様の受付が始まり、私たち添乗員はお客様のパスポートをチケットと相違がないか確認をし、ひとりひとりにグアムに到着するまでの流れなどを説明していました。出発2時間前の集合をかけており、2時間前ともなるとカウンターはたくさんのお客様でてんやわんや!!一生懸命説明していたその時、、

 

おはげ

こんにちは!添乗員のおはげです!今日からよろしくお願いします!

それではまずお客様のパスポートを拝見させてください。

・・・

・・・・

・・・・・

(ん??パスポート・・・

あれ・・・・??私ってパスポート持ったか?添乗員ってパスポートいらないんだよね~~~へ

っへ~ん・・・・

・・・

・・・・

・・・・・

いや!!!いる!!!必要!!!!

え????!!!!持ってきていない!!!忘れた!!!!)

どひゃーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

海外によく行っていたので、国内旅行感覚になってしまい、パスポートがいることを忘れてしまったのです。

冷や汗たらたらの中、お客様にばれないように、そっとカウンターを抜け出し、同僚に『パスポート忘れた』とだけ告げ空港を後にしました。

その時私は一人暮らしをしており家族に持ってきてもらうという選択肢がなかったので、空港まで往復しなければいけません。出発まで残り1時間30分。チェックインがあるので遅くとも30分間には空港に到着しなければいけません。電車かタクシーかの2択でしたが、すぐに出る電車がなく、タクシーへ!

タクシーの運転手さんに事情を説明し、通常は往復で1時間20分はかかるところを、ワイルドスピードのニトロを使った時みたいにぶっ飛ばしてくれ、家まで戻って、家の中に入りパスポートを持って空港まで到着するのに1時間でいってくれました

同僚に逐一場所を報告し、同僚は航空会社カウンターで地上係員を引き留めてくれていました。

もうカウンターがしまる!!!!だめだ・・・・

・・・・というところで間一髪、チェックインができました・・・・

本当にあの時は生きた心地がしませんでした・・・。

グアムに到着してからも地に足がついていない感じがしてて、ずーっと、ぼーっとしていた記憶しかありません・・・。

 

バツまる
おはげちゃん、同僚のおかけで助かったようなもんだよね!その同僚って性格もよくて、機転の利く、相当なイケメンだよね!!!

 

・・・・それがのちの私の夫・・・・

バツまるだーーーーーー!!!!!

おはげ

 

と、言う事なので、パスポートを忘れると飛行機に乗せてもらえないので、これにも十分に気を付けてくださいね!!

おはげ

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

バツまるとおはげ

【バツイチ夫(呼称:バツまる)】
旅行業界に勤めて20年以上▶通算渡航回数は150回以上▶学生時代の留学経験を経て旅行業界に就職▶
趣味:映画鑑賞・ドライブ・旅行・妻を喜ばせること

「ブログを始めて半年以上経ちました。一人でも多くの方の目にとまれば幸いです。でも、自分の書きたい記事だけ書いている割には、当初予想より読んで頂いています。本当にありがとうございます。」

【激しめ妻(呼称:おはげ)】
旅行会社に勤めて10年以上▶団体旅行の営業をしており、延べ9,800名の旅行を企画▶現在は育休中ママブロガー(*^^)v
趣味:絵画鑑賞・映画鑑賞・ダイビング・旅行

「毎日勉強で今までいろいろ挑戦してきました。これからもチャレンジ精神を保って、興味の対象をメインに紹介していきたいです。コメントが励みになりますので、ぜひご意見をお聞かせください。」

-旅行中のトラブル, 自宅旅行社
-,