沖縄そば 琉風

バツまる&おはげの旅行記 自宅旅行社

沖縄そばを食べずに帰れるか! 那覇空港にある強い味方『琉風』

2022年10月16日

バツまるです。

沖縄に来たら沖縄そば食べたいですよね?

私は絶対食べたい笑

香川に来て讃岐うどんを食べたいのと同じで…。

でも沖縄って地方色が豊かで、特徴的な料理があれもこれもあって、さらにアメリカンな料理まで食べられるので、ついついインパクトとしては地味な料理である沖縄そばが後回しになることありませんか?

気づいたら帰りの那覇空港だった…とか?

意外にあるんです。

沖縄そばは絶対沖縄で食べるべきだと思う私でも、経験があります。

そんな時に行くべき那覇空港の沖縄そば専門店『琉風』をご紹介します!

沖縄そばは、沖縄で食べる。バツまる、嘘つかない

「インディアン嘘つかない」と同じくらい「沖縄そばこそ、沖縄で食べないといけない。」これは私の中では固定概念です。

沖縄旅行に行くからには本場の沖縄そば必ず食べようと心に決めて出発することは大いにあると思います。

でも意外に実現できないことってありますよね?

例えば二泊三日の沖縄旅行だと、食べられるご飯の回数は、出発日の朝食と帰着日の夕食を除くと7回…。

このうち2回は朝食ですから、正味5回。

でもですよ?

夜に沖縄そばってちょっと物足りなくないですか?

朝から食べられるけど、やってる店は限られているし、お店の開店(10:00〜11:00が多い)に合わせて朝食をとると、食事時間がズレていってしまいます。

すると必然的に3回の昼ごはんのうちどこかに沖縄そばを入れないといけないんです!

おはげ
当たり前じゃん。なんか妙に力入ってるね…。

実は昼ごはんに沖縄そばの強力なライバルがいるのです。

  1. A&Wなどアメリカンバーガー
  2. タコス・タコライス
  3. ポークたまごにぎり
  4. 定食屋の味噌汁定食

どれも夜に持ってくると、一杯飲みながらの食事としてはベストチョイスとは言いにくい…。

そうするとこれらを昼に食べるということになりますからね。

気がついた時には最終日の朝だった…。

なんてこともあるかと。

沖縄そばのおすすめ記事ではありますが、ライバルのタコスのご紹介記事はコチラです。

こちらもCHECK

沖縄 宜野湾周辺で見つけたタコス専門店 メキシコ 

続きを見る

時間がない中、どうにか那覇空港の飛行機待ちの時間で沖縄そば

ぷく男
(ホテル朝食を食べながら)あとは帰る用意して空港か〜。あっというまだったなぁ…。…あ!沖縄そば食べてない!

そんな時の強い味方がいるんです。

那覇空港1階の沖縄そば専門店『琉風』です。

那覇空港1階琉 沖縄そば 琉風

那覇空港1階琉 沖縄そば 琉風

那覇空港1階琉 沖縄そば 琉風

那覇空港1階 国内線JAL側出口のお隣

私も仕事で沖縄に来た時、自由になる時間がなく最終的に空港で少しだけチャンスがあり、何度もお世話になりました。

とにかく存在自体がありがたいお店です。

優秀なポイントは3つ

おもいっきり本格的な味

安くはないけど、空港レストランのカテゴリーではリーズナブル

あまり混まない穴場の1階に位置する

 

入口で食券を購入し、店員さんに渡しつつ席に座ります(座る場所を指定される)。

出て来るのが早く、時間のない人にも嬉しいスピーディーさ。

急ぎすぎてやけどしないように気をつけましょう。

私はいつも軟骨ソーキそば一択です!

那覇空港1階琉 沖縄そば 琉風

軟骨ソーキそば

先ほども言いましたが、空港内レストランということもあり、値段としては若干ではありますが、高めの部類ではあるものの、食べ応えある軟骨ソーキがそれを忘れさせてくれます。

ビール、泡盛、ハイボールなどもあり、おつまみに軟骨ソーキ肉、三枚肉、じーまみーとうふ、海ぶどう、もずくなどがあるため、軽く一杯もできちゃいますが…やはり沖縄そばでしょ!

まとめ : 諦めないで!沖縄を離れる前の30分あれば沖縄そばが食べられる!

那覇空港3階の航空会社カウンターでチェックインを済ませた後に行く先は、4階がレストランエリア(もちろん各階にいくつか飲食店はある)、2階へ下りるとセキュリティチェック(保安検査場)とお土産エリア。

通常はどちらかですが、本場の沖縄そばを食べず、失意のまま帰途につこうとしている夢破れし旅人のあなた!

バツまる
目指すは1階JAL(建物入って左手)側なるぞ!
ふつーに説明できんのか
おはげ

到着していきなり沖縄そばを食べる猛者もいることはいるとは思いますが、大体到着したら気持ちは目的地へ向かうので、ここはけっこう穴場です。

私は今まで満席で座れなかったことはありません。

前述のように、料理が出てくるのも早いので、所要時間は30分ほど。

もちろん、乗り遅れは那覇空港のように大きな空港では常に気をつけなければならないし、セキュリティチェックの混み具合も無視できないので、一概に30分あれば必ず食べられて、予定便にも必ず間に合うと断言はできません。

時間には余裕を持って、ラストチャンスにかけるのか、それとも断念するかはしっかり見極めてください。

あなたの沖縄旅行が悔いのないものになることをお祈りしています。

それでは!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

バツまるとおはげ

【バツイチ夫(呼称:バツまる)】
旅行業界に勤めて20年以上▶通算渡航回数は150回以上▶学生時代の4年間のアメリカ留学経験を経て旅行業界に就職▶
趣味:映画鑑賞・ドライブ・旅行・妻を喜ばせること

「早いものでブログを始めて1年が経ちました。読んでくださり心から感謝しています。これからも一人でも多くの方の目にとまれば幸いです。今後は自分の書きたい記事だけではなく、どんな記事を書けば人の役に立てるか、楽しんでもらえるかも意識していく時期に来たのかなと、いっちょ前にカッコエエことを考えております。前のコメントで「当初予想より読んで頂いています」と書きましたが、それを越えてきています。 本当にありがとうございます。」

【激しめ妻(呼称:おはげ)】
旅行会社に勤めて10年以上▶団体旅行の営業をしており、延べ9,800名の旅行を企画▶現在は育休中ママブロガー(*^^)v
趣味:絵画鑑賞・映画鑑賞・ダイビング・旅行

「ブログを始めて一年がたち、皆様の悩みを解決できるようなことや私が知ってお得だなぁと感じることをメインに記事をあげてきました。もし、旅行のことで知りたいことがあればコメントしてくださいね!」

-バツまる&おはげの旅行記, 自宅旅行社