伊東温泉に行ってみよう

お得な情報を集める 自宅旅行社

tokyo2020オリンピック開催地の伊豆:伊東温泉に出かけてみよう 食事編

2021年7月30日

バツまる
どうも、バツまるです。

WEBで情報や画像を見ることが簡単になった現代こそ、本当の旅が贅沢で貴重な体験となりつつある気がします。
まだ見ぬあの場所へ辿り着いたときの感動。
皆さんが思い出に残る旅に出会えることを、いつも願っています。

さて今日は、仕事でオリンピックの有観客会場である伊豆に来ておりますので、伊豆旅行に行った際のおすすめの食事場所を書いていきます。宿と観光地はまた次に記事にしますのでお楽しみに!

tokyo2020オリンピック有観客開催の地 伊豆

オリンピックが始まりました。

色々な意見や不安はあるものの、空前の一大イベントであることは間違いありません。さらに日本開催となると我々現役世代が生きているうちは、この先ちょっと考えられないですよね。しっかり見届けたいと思います。

そこで今回は有観客開催の自転車競技会場に焦点を絞り紹介します。4種類の競技のうち2つ、マウンテンバイクとトラックが行われる伊豆ベロドローム会場への前線基地は伊東温泉になると言ってよいでしょう。

チケットは現在当日券の販売予定はありません。すでにお持ちの方のみ観戦可能です

伊豆ベロドロームは国内唯一の国際基準トラック設備がある自転車競技場で、お隣にMTBコースがあります。通常は『自転車の国 サイクルスポーツセンター』といういわゆる自転車スポーツと遊園地の複合施設となっています

本当はオリンピック会場の裏側についても紹介したいのですが、コンプライアンスや保安上の問題もありますので、我慢して通常の旅行先案内をしていきたいと思います!

tokyo2020オリンピック有観客開催伊豆に行くなら伊東温泉へ

伊東温泉。
特に首都圏の温泉地、有名ですよね。
昔ビートたけしがTVやラジオで

伊東のマンション買わされた

と言っていたので、子供心に別荘地、リゾート地だとは思ってましたが、旅行業に就くまで行ったことはありませんでした。
現在の伊東は他の多くの温泉地同様、少しさびれた感は拭えませんが、宿、土産店、飲み屋、ご飯処などは多く、飲食店の密度が 高いと言えます。

今回はそんな伊東温泉をオリンピック観戦のために訪れたと仮定して、ご紹介したいと思います。

まずは伊東駅がスタート地点となるでしょう。

ここから約30分ほど山手へ向かうとベロドローム会場となります。駅前からシャトルバスが出ています。ボランティアの案内係に尋ねると、「基本的に事前予約制で、チケット保有者のみ乗車可です。定時発車ではありませんが、けっこう頻繁に運行しますよ。」と親切に教えてくれました。

では早速オススメの食事場所いきましょうか。

伊東温泉近辺 おすすめの食事場所をご紹介

イケ男
そんな時間ない!

と、言うせっかちさんにはこちら。

おススメの名店(お弁当)

伊東温泉 祇園 〒414-0038 静岡県伊東市広野1-2-15  0557-37-3366

祇園の弁当メニュー

筆者撮影:メニュー

いなり寿司が有名で、じっくり味がしみ込んでいるので、小ぶりでも食べた満足感は大きいです。個人的には、ぎおんのからあげという逸品がありまして、こちらを特に勧めたいです。一つが大きく、味もしっかりしていて食べ応えがあります。

ただしパリパリサクサクではありませんので、からあげはパリサクじゃなきゃ絶対やだという人は味見くらいにしといてください。

上品ないなり寿司とごついからあげは是非両方食べて欲しいです。

ぎおんのからあげ

筆者撮影
ぎおんのからあげメニュー

ちょっと魔がさしていなり寿司とからあげ以外のものを買うこともあります『とりめし』

とりべん

筆者撮影:鳥のダシがほんのり香るお米がまた格別

ぷく男
やっぱりラーメン!行く先々で美味しいラーメン食べたい!

って方いますよね?
なんでスープと麺と具(チャーシューなど)の3要素の組み合わせでこんなに違いが出るのか不思議です。せいぜい千円程度だし、アタリに巡り合ったときは正に幸せ見つけた!ですよね。
美味しいラーメン屋さんと言えば

おススメの名店

中華そば専門店 木ハ 〒414-0027静岡県伊東市竹の内1丁目3-11金子ビル101 0557-52-3312

木八

筆者撮影:チャーシューメン

東京でいうとホープ軒系と言いましょうか…背脂と醤油の合わせ技ですが、くどくはありません。

関東以外の方には少し濃いと感じるかもしれませんが、全体的に丹念に作られており、優しい仕上がりですから満足できると思います。柔らかいチャーシューもすすめたいので、チャーシュー麺はいかがですか?

てゆ子
美味しい魚を食べたい!伊東にしかないもの…なんかないの?!
あります。うずわ。
バツまる

おススメの名店

まるげん 〒414-0004 静岡県伊東市猪戸1-4-1 0557-32‐5152

うずわ

筆者撮影:うずわ

昼に定食を食べるもよし。

夜に一杯やるもよし。

うずわ。うずわって何?。
食べた感じは…カツオにかなり近いですね。

何も言われなかったらカツオだと思うでしょう。

私はカツオだとしたら少し風味がこってりしているかなと感じましが、時期によっても違うようです。基本的に通年食べられます。

すみません、当たり前のことを長々と説明してしまいました。

なんせうずわは宗田なんですから、そりゃそうだ

バツまる
失礼しました

なぜ伊東にしかないのか?

それはこの辺で獲れるからで、美味しいのに足が早いために流通しないということのようです。鰹節になる宗田鰹を生で食べるのは、言われてみたら貴重な体験なのでは?…くわー!そんなん伊東来たら必ず食べないとダメじゃないですか!!
そのうずわをネギトロのようにして

  1. そのまま食べて味わう
  2. ご飯にのせて海鮮丼としてパクつく
  3. だし汁で茶漬けのようにサラサラと

このように3通り、いわゆるひつまぶし形式で自分好みの食べ方を探しながら味の変化を楽しむという『うずわめし』はぜひ一度は食べてみてください。青唐辛子がチクチク刺激的な薬味として付いていて、うずわによく合うと思います。

うずわめし

筆者撮影:うずわめし

イケ男
魚が美味いのはわかった。そりゃ伊豆は海に突き出てるんだから美味いだろう。しかし魚は嫌いだ(今日は食べる気がしない)

ってこともあるでしょう。ふむふむ。いい店ありますよ。

おススメの名店

大衆食堂 のぐち  〒414-0027 静岡県伊東市竹の内2丁目3 0557-37-6881

もつ煮

筆者撮影:プルプルのもつ煮

ここは牛もつ煮がオススメ。

大将の話によれば、長年平和島競艇場内食堂で、もつ煮(いまも名物ですね)を作り続けて来たんですって!

伊東でお店を出す時に、海の町でもつ煮なんて誰も客こないよ(笑)って言われたそうですが、今では定期的に食べに来る人も多いんだとか…
やはり牛もつというのが比較的珍しいと思いますし、食べると質の高い素材である事が分かります臭みもないし味もしっかり付いてるけど濃すぎないので、定食でもつまみでもどちらでもいけます。
のぐちのもつ煮を定期的に食べに来る人がいるの、納得です。この牛もつ煮はくせになる!中毒性ある!

まとめ

以上、まずはオリンピック観戦を前提として、伊東温泉界隈で気軽に食べられる食事場所を紹介しました。元々観戦人員は少なめと言われていた伊豆会場ですから、チケットをお持ちの方は本当にレアですよね。一生の思い出になる事は間違いないですね!

最後に、伊豆は東部(東伊豆)西部(西伊豆)で全く天気が違うことがあります。これは真ん中に山や山地があるためですので、もし伊東からベロドロームに行く際は天気予報をよく見てから観戦にお出かけになる事をお勧めします。

番外編

伊東までどうやって行きますか?
新幹線を使うなら、熱海駅から伊東線に乗り換えて30分弱です。その際は是非とも特別な列車に乗ってみてください。伊豆にちなんだ黒い『黒船列車』赤い『金目列車』が運行しており、追加料金はかかりません。

黒船列車

筆者撮影:黒船列車

 

熱海始発なので早めに入線して来ます。進行方向に向いて左の席が外に向かって設置されており、途中見えてくる海の景色を見ることができます。車内もいくつかディスプレイがあり、単なる移動ではなく、ちょっと楽しい時間になるのは本当に嬉しいですよね。

黒船列車車内

筆者撮影:黒船列車車内

※当然復路では向きが逆になりますが、要するに横向きに設置されたソファーみたいな席がとにかくユニークだからおすすめってことです!

黒船列車車内

筆者撮影:車内設置の横向きの椅子

 

お得な青春18きっぷを使った旅の仕方はこちらを参考にしてください。

青春18きっぷ
参考【2021年版】知って得する!青春18きっぷの買い方使い方♪

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

バツまるとおはげ

【バツイチ夫(呼称:バツまる)】
旅行業界に勤めて20年以上▶通算渡航回数は150回以上▶学生時代の留学経験を経て旅行業界に就職▶
趣味:映画鑑賞・ドライブ・旅行・妻を喜ばせること

「ブログを始めて半年以上経ちました。一人でも多くの方の目にとまれば幸いです。でも、自分の書きたい記事だけ書いている割には、当初予想より読んで頂いています。本当にありがとうございます。」

【激しめ妻(呼称:おはげ)】
旅行会社に勤めて10年以上▶団体旅行の営業をしており、延べ9,800名の旅行を企画▶現在は育休中ママブロガー(*^^)v
趣味:絵画鑑賞・映画鑑賞・ダイビング・旅行

「毎日勉強で今までいろいろ挑戦してきました。これからもチャレンジ精神を保って、興味の対象をメインに紹介していきたいです。コメントが励みになりますので、ぜひご意見をお聞かせください。」

-お得な情報を集める, 自宅旅行社
-,